印鑑教室おすすめ隊

実印・法人印鑑の通販で購入する注意点やおすすめ通販の紹介をしております。

女性の印鑑作成 注意点と選び方

   


女性と男性では印鑑の作成で注意する点が多数あります。

サイズや文字の種類、書体や素材など同じようなものに見えて実は細かい部分で違います。

女性が印鑑作成で注意する点、男性向け印鑑との違いをまとめてみました。

女性が印鑑を作成はいつするのが良いのか?

印鑑を作成するのは基本的にはいつでも問題ありません。

いつ実印や銀行印を使用するかわからないという方は、早めに作っておくほうが無難ともいえます。

何故なら、印鑑が必要になった時に注文すると、到着まで時間がかかったりと、事前に持っておいた方が良い場合が多いです。

但し、急いでいない場合はゆっくり選んでみてもいいかもしてれません。

女性が印鑑を作成するときの注意点

jitsuin-ginkouin-sakusei

実印、銀行印は名前だけで作成する

実印、銀行印はどちらも名前(ファーストネーム)のみでも登録、使用することが可能です。

なぜ名前だけで作成したほうが良いかというと一つは結婚した場合それを機に苗字(姓)が変わることがあるからです。

実印、銀行印の場合苗字が変わってしまうと実印はまた作成、変更、登録をしなくてはなりません。

将来の事を考えると名前のみで作成した印鑑を使用することで面倒な手続きが必要なくなり、印鑑を作り直すという事も必要無くなります。

また既婚の女性の場合でも名前だけがおすすめです。

フルネームの印鑑などは一家の長という意味が古くからあり、女性にはあまりおすすめされません。

女性は名前だけの方が可愛いらしく縁起もよいといわれています。

もちろんフルネームや苗字(姓)のみの印鑑でも問題はありません。

むしろ一家の長を担われている方や起業して社長などの役職に就かれている方はむしろフルネームや苗字の印鑑がよいとされています。

認印、仕事用の印鑑は苗字(姓)で作成する

実印、銀行印は名前のみで作成したほうが良いのに対して認印、仕事用印鑑は苗字(姓)で作成するのが一般的です。

他人の目に良く触れる認印や仕事用の印鑑は日常的に使用するため姓のみが妥当です。

結婚などで姓が変わった場合は作り直す為、認印や仕事用印鑑は高い素材を使用しない方がいいです。

もし作り直すのはちょっとという場合は彫りなおすことで同じ素材で印影を変更することも可能です。

男性の実印と比較するとちょっと小さ目のサイズで作成する

jitsuin-size
印鑑、特に実印の場合は男性が作成する実印と比較した場合若干小さ目に作成するのがおすすめです。

一概には言えませんが基本的に女性が使用する実印の場合「小さい印鑑を使用することで控えめな印象となる」という昔からの習慣があります。

一般的な実印のサイズ
  • 男性15mm~18mm
  • 女性13.5mm~16.5mm

会社の長や役職に就かれている方や世帯主となっている方などの場合はゲン担ぎという意味でも大きめのサイズで作成することが多くなっています。

女性が使用する印鑑におすすめの書体は?

実印の場合

女性が使用する実印におすすめの書体は篆書体(てんしょたい)です。

印鑑最古の書体で偽造されにくく、防犯性が高いのが特徴です。

印鑑では篆書体はスタンダードな文字となっており女性が使用しても男性が使用しても問題ない書体となっています。

銀行印の場合

銀行印は印相体(いんそうたい)がおすすめです。

印相体は円周に文字が接しているという特徴があり非常に縁起の良い書体といわれ、銀行印にはもってこいの書体となっています。

印相体は可読性が低く偽造もされにくいことから個人銀行印。法人銀行印ともに人気のある書体です。

認印の場合

認印には古印体(こいんたい)がおすすめです。

古印体は日本古来の漢字を元にした書体ではっきりと読みやすい書体となっています。
認印に非常に最適となっています。

ここで紹介した以外の書体ももちろん使用しても問題はありません。
上記以外の書体の詳細などは「実印などの印鑑におすすめの書体は?」のページをご覧ください。

女性が使用する印鑑におすすめの素材(印材)は?

女性が使用する印鑑、特に実印や銀行印は頻繁に作るものでなく、長く使用するものだからこそこだわりたい部分の一つです。

最近は可愛い印材やお洒落なデザインのものも多くあり非常に選ぶ幅が広がっています。

水晶

白や黄色、青やぴんくといった様々なカラフルでオシャレな印鑑の作成が可能です。
水晶は非常に縁起が良く、恋愛運の向上、仕事運の向上、金運アップなどの効果があると言われています。

カラフルな水晶を利用することで開運が望めます。

黒水牛

印鑑としてはスタンダードとなりつつある水牛の角を使用した印材です。
黒水牛の角は価格も比較的安価できれいに押印が可能なコスパの高い印材となっています。

チタン

金属のチタンは非常に耐久性が高くいつまでも長期間使用することが可能です。

高級感のあるデザインは女性が使用しても問題なくお洒落なデザインとなっています。
価格は若干高めですが一生使うことが可能な実印に非常におすすめの印材です。

象牙

像の牙を使用した印材です。

印鑑の素材では最高級と言われる象牙は朱肉との相性が非常によく気持ちよく押印が可能です。

印鑑の王様といわれる象牙はやはり実印では一押しとなっています。
しかし価格が高いというデメリットもあります。

上記以外にも様々な印材で印鑑は作成が可能です。
印材についての詳細は「印鑑におすすめの素材は?印材の種類」をご覧ください。

女性の印鑑作成まとめ

女性が印鑑を作成するには男性と細かい部分で違う所があります。
しっかりと相違点を踏まえて実印ならば一生付き合っていくものですのでちゃんとしたものを作成し長く使用していきたいですね。

 - コラム